Prüfrex – Intelligence in drives

Intelligence
in drives

概要に戻る

CO2排出量の最小化への参画

[Translate to Japan:]  Projekt RC-LowCAP

RC-LowCAPプロジェクトでは、PRÜFREXを含む国際的な研究コンソーシアムが、、手動式作業機器向けの駆動システム、オートバイ、クワッド、またはパワースポーツ車両および軽量商用車両などの 「パーソナルモビリティ」のための移動体の脱炭素化に従事する。というのも、乗用車と同様に、これらの移動体も世界のCO2排出量に占める割合があるからである。

学術機関および企業からなる同コンソーシアムは、

、この課題を引き受け、今後四年間に独自に 同目的のために設置された「特別な用途向けにCO2を削減したパワートレインのための研究センター」において、小型駆動システムの脱炭素化を研究する。

優先的な研究分野は、CO2を含まない燃料の使用とそれがパワートレインに与える影響である。また、既に CO2に中立の構成成分が含有されていることが示されており、早くから入手可能であった「移行燃料」についても研究される。

PRÜFREXは、唯一の電子機器開発者および製造業者として、センサー、電子制御およびアルゴリズムに関する研究について助言し、試作品の製作をサポートする。PRÜFREXは、 「ゼロ CO2 燃料」、「ハイブリッド/電化」および 横断的なトピックからなるすべての研究分野に参加し、新しい駆動の概念に知見をもたらす。

研究プログラムRC-LowCAPはオーストリア研究促進庁(FFG)、オーストリア交通・技術革新・技術省(BMVIT)およびデジタル化・経済立地担当省(BMDW)から資金提供を受けている他、多種多様な企業からり支援を受けている。

詳細情報は以下を参照のこと。 https://www.rc-lowcap.at